そよかぜ内科

お問い合わせはこちら 042-400-7112

042-400-7112

禁煙外来

タバコで受けた呼吸器のダメージは禁煙により改善することができます。
また、禁煙の継続により、狭心症や心筋梗塞、肺癌などのリスクを低下させることもできます。
当クリニックの禁煙外来では、保険診療による禁煙治療を実施しています。

タバコによる健康への影響

イギリスの医師会会員を対象に50年以上にわたり行われた研究によると、喫煙者は短命であることが判明しています。
この研究によると、70歳で喫煙者は58%が生存していましたが、非喫煙者は81%と大きく差がつきました。70歳の喫煙者の生存割合58%は、80歳の非喫煙者の生存割合59%と同等であり、約10年の差がついています。

タバコで受けたダメージは禁煙により改善することができます。例えば禁煙1ヶ月後には咳・たん・喘鳴などの呼吸器症状が改善し、禁煙を数年継続すれば狭心症や心筋梗塞などの病気のリスクが下がります。また禁煙を継続することで肺癌のリスクも低下します。

※出典:日本肺癌学会「喫煙問題に関するスライド集」より引用

禁煙治療の保険適応

ニコチン依存症は病気であるということが認識され、2006年4月から下記4つの条件を満たせば、健康保険等を使用し禁煙治療を受けることができます。また35歳未満の場合、下記4つの条件の内1、3、4の条件を満たせば健康保険を使用して治療が受けられます。
なお、過去に健康保険等で禁煙治療を受けたことのある方の場合、前回治療の初回診察日から1年経過すれば再度健康保険等を使用し禁煙治療を受けることが出来ます。

<保険適応となる条件>
1 ニコチン依存度スクリーニングテスト(TDS)が5点以上
2 35歳以上の方については、1日の喫煙本数に喫煙年数を掛けた数が200以上であること
3 ただちに禁煙を始めたいと思っている
4 禁煙治療を受けることを文書で同意している

※35歳未満の場合、上記4つの条件の内1、3、4の条件を満たせば健康保険を使用して治療が受けられます。

<ニコチン依存度スクリーニングテスト(TDS)>
1 自分が吸うよりも、ずっと多くタバコを吸ってしまうことがありましたか?
2 禁煙や本数を減らそうと試みて、できなかったことがありましたか?
3 禁煙したり本数を減らそうとしたとき、タバコがほしくてほしくてたまらなくなることがありましたか?
4 禁煙したり本数を減らそうとしたとき、下記の症状がありましたか。
  • ・イライラ、神経質、落ち着かない、集中しにくい、憂鬱、頭痛
  • ・眠気、胃のむかつき、脈が遅い、手のふるえ、食欲または体重増加
5 問4でうかがった症状を消すために、またタバコを吸い始めることがありましたか?
6 重い病気にかかったときに、タバコはよくないと分かっているのに吸うことがありましたか?
7 タバコのために自分に健康問題が起きていると分かっていても、吸うことがありましたか?
8 タバコのために自分に精神的問題が起きていると分かっていても、吸うことがありましたか?
9 自分はタバコに依存していると感じることがありましたか?
10 タバコが吸えないような仕事やつきあいを避けることが何度かありましたか?

※はい - 1点、いいえ - 0点 計5点以上の場合、ニコチン依存症の可能性が高いと言えます。

禁煙外来の費用・治療期間

健康保険等を使用すれば、自己負担が3割の人は使用する薬にもよりますが、全5回の治療で1万5,000円~2万円程度です。また自治体による助成金が適用される方は、さらに自己負担額を抑える事できます。禁煙治療に支払う費用と日々かさむタバコ代の費用を比較してみてください。禁煙外来の通院スケジュールは、初回の診察から2週後・4週後・8週後・12週後の合計5回になります。

治療費助成金のご案内

これから健康保険適用の禁煙治療を受けられる方に対し、2019年10月1日より多摩市に住民登録のある20歳以上の方を対象に治療費の助成金(医療費自己負担の2分の1を補助、上限1万円)を受けられます。治療開始前に登録申請が必要となりますので、詳しくは当クリニックまたは多摩市健康センター(TEL:042-376-9111)にお問い合わせください。

禁煙治療

保険診療で使用できる禁煙補助薬は、内服薬の「バレニクリン」と貼付薬の「ニコチンパッチ」の2種類です。それぞれ以下のような特徴がありますが、どちらの薬剤を使用しても禁煙に伴うニコチン離脱症状を緩和し禁煙効果が期待できます。

  バレニクリン(内服薬) ニコチンパッチ(貼付薬)
特徴
  • ・ニコチンを含まない
  • ・禁煙時の離脱症状を抑制
  • ・喫煙から得られる満足感を抑制
  • ・飲み始めて8日目から禁煙開始
  • ・自動車や危険を伴う機械の操作はしない
  • ・ニコチンを含む
  • ・禁煙時の離脱症状を抑制
  • ・禁煙開始日から使用を開始する
投与方法 1日2回食後に服用(1-3日目は1日1回) 1日1回皮膚に貼る
標準的な期間 12週間 8週間

初めての患者様へ

そよかぜ内科では、患者様と同じ目線に立った温かい医療を行い、
地域の患者様に、安全で専門性・先進性を追求した医療サービスの提供を目指します。
高血圧・糖尿病などの内科疾患や、風邪や咳など呼吸器に関する症状でお困りの方は、一度当クリニックにご相談ください。
スタッフ共々一丸となって"こころの通う"診療で対応いたします。

お問い合わせはこちら

042-400-7112

時間
午前9:00 -
13:00
×
午後15:00 -
18:30
× × ×

※ 水曜・土曜日は9:00~13:00まで診療。休診日は日曜日と祝日です。
◎土曜日は外勤医師(脳神経内科)による、一般内科のみの診療となります。

そよかぜ内科 内科・呼吸器内科

〒206-0011 東京都多摩市関戸2丁目66番

(東京みみ・はな・のどサージクリニック同敷地内)

京王線「聖蹟桜ヶ丘駅」から徒歩6分

Tel:042-400-7112 Fax:042-400-7113

アクセス